“安藤坂”の読み方と例文
読み方割合
あんどうざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安藤坂は平かに地ならしされた。富坂火避地には借家が建てられて当時の名残の樹木二、三本を残すに過ぎない。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
丁度この見晴しと相対するものはち小石川伝通院前の安藤坂で、それと並行する金剛寺坂荒木坂服部坂大日坂などは皆しく小石川より牛込赤城番町辺を見渡すによい。
三時の茶菓子に、安藤坂紅谷最中を食べてから、母上を相手に、飯事の遊びをするかせぬ、障子に映るい夕陽の影の見る見る消えて、西風の音、樹木に響き、座敷の床間の黒い壁が
(新字新仮名) / 永井荷風(著)