“おもひね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
思寝50.0%
思寢50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われまた其夜そのよ思寝おもひね和韻わゐんの一をすら/\と感得かんとくして、先生のみか世人よのひとおどろかすもやすかるべしと
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
思寢おもひねに見ん夢ならではかへり難き昔
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
やがて壽永じゆえいの秋の哀れ、治承ぢしようの春の樂みに知る由もなく、六歳むとせの後に昔の夢を辿たどりて、直衣なほしの袖を絞りし人々には、今宵こよひの歡曾も中々に忘られぬ思寢おもひねの涙なるべし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)