“うごめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウゴメ
語句割合
97.1%
蠢動1.9%
叫喚0.5%
蠕動0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、観衆が立ち去った後は、広い空間を、侘びしげな空気が揺れていてその中に、二、三蟻のようにいて見えるものがあった。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
なれどもその頃はまだ小さく取らず、胸に在ッても邪魔に成らぬ而已か、そのムズムズと蠢動く時は世界中が一所に集る如く、又この世から極楽浄土へ往生する如く、又春の日に瓊葩綉葉の間
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
神との前にあらはすを患ひ叫喚く聲高し。 64
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
恐怖に打たれ王座より、たちて叫喚く聲高し
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
かくて此失楽の中に猶蠕動く……大馬鹿者よ。
失楽 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)