“いぐさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
藺草77.8%
22.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飯山地方の藺草いぐさの栽培と、畳表たたみおもての製造も、忙しい仕事であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
雨の降る日は、藺草いぐさでつくったみのぼうしをかぶって、学校へ通う。
おにぎりの味 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
この地方はいぐさの産地で、水田に植えられている様も、土地の一風景であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
みんなはその蛇の首のまはりをいぐさでもつてくびつてゐるのです。僕が通りかゝると、皆なが呼んだんです。蛇はその口から、黒くて、尖つた、軟かいやうな変なものを飛び出さしてゐました。それは大急ぎで出したり入れたりしてゐるのです。僕、それが螫すのだらうと思つたんです。そして大変恐かつたんです。
いろどりと模様のある茣蓙ござで、いぐさくきを材料にしたものであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)