“𩻩”の読み方と例文
読み方割合
まぐろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冬の雪おろしは遠慮なく身をきる寒さ、といひては甲府まで五里の道を取りにやりて、やうやう𩻩の刺身が口にる位、あなたは御存じなけれどお親父さんに聞て見給
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
おろしは遠慮なくをきるさ、といひては甲府まで五りにやりて、やう/\𩻩刺身、あなたは御存じなけれどお親父さんに見給
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
やう/\𩻩の刺身が口に入る位、あなたは御存じなけれどお親父さんに聞て見給へ、それは隨分不便利にて不潔にて、東京より歸りたる夏分などは我まんのなりがたき事もあり
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)