“龍顔”の読み方と例文
新字:竜顔
読み方割合
りゅうがん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この日ごろのお悩みは龍顔のうえにもうすぐろいとなって、さしもお身の細りすらうかがわれる後醍醐だった。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おん目は赤濁み、蒼白な龍顔にはおがみだれかかり、白絹の小袖袴もあとかたなく、泥のみならず血痕もませておられたと、「花園院御記」には見える。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
恋々たる離別は龍顔をかきくもらせてはいたが、ふと、幾多の唐土と帝王の例などもお胸をかすめたことであろう。国と女——その比重へこたえるような語気であった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)