“鰷”の読み方と例文
読み方割合
はや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『久太、鮒とと取り替えっこしようか?』と私がいました。『うがす。鮒一尾と同じさの三尾と取り替えべえ』
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
三時にへ帰ったが、家で遊んで又何か壊すと悪いから、乃公は釣魚に出掛けた。いつかぶくぶくしそこなった水車の傍へ針を下したが、が二れたばかりだ。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
っ子ですよ」
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)