“高草”の読み方と例文
読み方割合
たかくさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く、れてれると、高草遥々、十和田ふといたから、同伴自動車かない。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
高草にまじり、風ぞ冷えたる。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
斑鳩へ。平群のおほ高草
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)