“馳走酒”の読み方と例文
読み方割合
ちそうざけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
部下や村の者に山狩をさせたり、夜昼のけじめなく捜索に奔命させたりしておいて、自分は、陽が暮れればこの寺を宿として、馳走酒にあずかっているという身分らしい。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……馳走酒のひどいのをしたたか飲まされ、こいつはがいいと強いられた、黄肌鮪の刺身にやられたと見えて、へ帰ってから煩った、思い懸けず……それがまた十何年ぶりかで
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もうやせぬ、と空辞誼はうるさいほどしながら、猪口もつ手を後へは退かぬがおかしき上戸常態、清吉はや馳走酒に十分酔ったれど遠慮に三分の真面目をとどめて殊勝らしく坐り込み
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)