“面明”の読み方と例文
読み方割合
つらあか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お前の翼は仁木弾正だ。面明りの蝋燭位は、一煽りにも消し兼ねない。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
忌隈という芝居の古譚などもございまして、一つの面明りで、ちがった隈取をした二つの顔を照らす場合には、よほど隈の形や、色を吟味しておかないと、えてして複視を起しやすい遠目の観客には
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その頃、大劇場ではすでに瓦斯の灯を用いていたが、鈍帳芝居にはそんな設備がないので、雨天の甚だ暗い日や日暮れ方の暗いときには、昔風の蝋燭を舞台へ差出して、かの“面明り”をみせていた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)