“静廬”の読み方と例文
読み方割合
せいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この今一人の三右衛門は喜多氏、名は慎言、字は有和梅園また静廬と号し、る所を四当書屋と名づけた。その氏の喜多を修して慎言とも署した。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
○先年此てんぷらのを友人静廬翁に語りしに(翁は和漢の博達時鳴の聞人なり)翁曰、事物紺珠(明人黄一正作廿四巻)夷食の部にてんぷらに似たる名ありきといはれしゆゑ
○先年此てんぷらのを友人静廬翁に語りしに(翁は和漢の博達時鳴の聞人なり)翁曰、事物紺珠(明人黄一正作廿四巻)夷食の部にてんぷらに似たる名ありきといはれしゆゑ