“喜多静廬”の読み方と例文
読み方割合
きたせいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筠庭は漫罵がある。五郎作と同年に歿した喜多静廬を評して、性質風流なく、祭礼などの繁華なるを見ることを好めりといっている。風流をどんな事と心得ていたか。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)