“青貝摺”の読み方と例文
読み方割合
あおがいずり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この光、ただに身に添うばかりでなく、土に砕け、宙に飛んで、の舞うばかり、目に遮るものは、も、も、皆これ青貝摺い。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
か、金の、と総毛立つ——とでした。いつ取落したか、青貝摺ので、しかも直ぐ襟許に落ちていました。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
俯向いた襟足が、すっきりと、髪の濃いのに、青貝摺の櫛がめく、つけたらしいが、まだ、はらはらする、帯はお太鼓にきちんとまった、小取廻しの姿のさ。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)