“雷名”の読み方と例文
読み方割合
らいめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玄翁和尚は伊夜彦山箭矧村のなり。近世にいたりて徳僧高儒和哥書画の人なきにしもあらざれども、遠く四方に雷名せるはすくなし。
ただ君が容易に依頼者を満足するの弊として往々粗末なる杜撰なる陳腐なる拙劣なる無趣味なる画を成す事あり。しかれども依頼者は多く君の雷名を聞いて来る者画の巧拙はこれを鑑別するの識なし。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
玄翁和尚は伊夜彦山箭矧村のなり。近世にいたりて徳僧高儒和哥書画の人なきにしもあらざれども、遠く四方に雷名せるはすくなし。