“開版”の読み方と例文
読み方割合
かいはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幕府の力でも朝廷の財でも、成し得なかった“大蔵経開版”の大業を、民衆によびかけて、血みどろな忍苦の生涯をささげ、ついに成しとげた人であった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その著訳の一条にては今コヽで別段に云う事はない、私の今年開版した福澤全集の緒言てあるかられは見合せるとして、その著訳事業中、ち攘夷論全盛の時代に
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
試みに元禄時代に開版したる『人国記』を見るに、長門の人情風俗を記して曰く
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)