“選取”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よりど66.7%
えりと16.7%
えりど16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“選取”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あまつさえ酔に乗じて、三人おのおの、そのうち三婦人の像をゆびさし、勝手に選取よりどりに、おのれに配して、胸をで、腕をし、耳を引く。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
殿たち名告なのらずば、やがて、ろう、選取よりどりに私がってろう!
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其奴そいつの、目星い処を選取えりとって、縦横に跡をけるわい。ここぞという極めが着いた処で、印を付けておくんじゃ。わしも初手の内は二軒三軒と心覚えにしておいたが、じゃの道はへびじゃ、段々その術に長ずるに従うて、つるを手繰るように、そら、ぞろぞろ見付かるで。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「妙に選取えりどって揃えたもんだな。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)