“這回”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
このたび50.0%
はいまわ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“這回”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其頃既に庄内藩には府下非常をいましめのため常に市中を巡邏じゆんらあり、且つ南北の町奉行にも這回このたびの暴挙を鎮撫なさんと自ら夥兵くみこを従へつつあまねく市街を立廻りて適宜の処置に及ばんとするに
何という意味かその時も知らず、今でも分らないが、あるいはほのか東洋城とうようじょうと別れる折の連想が夢のような頭の中に這回はいまわって、恍惚こうこつとでき上ったものではないかと思う。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)