“踏:ぶみ” の例文
“踏:ぶみ”を含む作品の著者(上位)作品数
西郷隆盛1
“踏:ぶみ”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しよに參候人々の内、品川へ足ぶみ致は壹人にて御座候、是位に續人つゞくひとは無御座候得共、とろけは不仕候、御察可下候、かば直八、至極の御丁寧に而、定御供じやうおともに相加候處、勤向つとめむきも相分候に付、仕合の事に御座候。
遺牘 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)