“路:みちに” の例文
“路:みちに”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“路:みちに”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一本榎上御領村下御領村平野村を経て一里廿七町神辺駅。菅茶山を訪。みちに横井敬蔵に逢ひ駅長の家にして細井磯五郎に逢。みな撫院の応接にいづるとなり。茶山の廬駅に面して柴門あり。門に入て数歩流渠あり。圯橋いけうを架て柳樹茂密その上を蔽ふ。茅屋瀟灑夕陽黄葉村舎の横額あり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)