“足環”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あしわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また身には銀襴ぎんらん戦袈裟いくさげさをかけ、金珠の首環くびわ、黄金の足環あしわ、腰には瓔珞ようらくを垂れて、大剣二振ふたふりをいていた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
巌流は、鷹の足環あしわを解いて、鷹を拳から空へ放った。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
船から上がる時、その一人一人の兵を見ると、足はみな裸足だが獣骨の足環あしわをはめ、半身の赤銅のような皮膚をき出しているが、腕くびに魚眼や貝殻の腕環うでわをなし、紅毛碧眼へきがんの頭には、白孔雀しろくじゃく極楽鳥ごくらくちょうの羽根を飾って、怪美なこと、眼を疑わすほどだった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)