“起承転結”の読み方と例文
読み方割合
きしょうてんけつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たまにはら進む事もあって、ふと十七字を並べて見たりまたは起承転結の四句ぐらい組み合せないとも限らないけれどもいつもどこかに間隙があるような心持がして、も残さず心をんで
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)