“蜜月”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みつづき33.3%
みつゞき33.3%
ハネムーン33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜜月”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何処どちらへ、と問はれて、修善寺しゅぜんじの方へ蜜月みつづきの旅と答へた——最愛なる新婚の、ポネヒル姫の第一発は、あだ田鴫たしぎ山鳩やまばと如きを打たず
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
で、勝敗しようはい紀念きねんとして、一先ひとまづ、今度こんど蜜月みつゞきたび切上きりあげやう。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
蜜月ハネムーンの旅のやさしい夫にいたわられながら霧の高原地で暮すなんて大甘の通俗小説そのままじゃないか。
健康三題 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)