“蛁蟟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つくつくほうし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蛁蟟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蛁蟟つくつくほうし八釜やかましいまで鳴いているが車の音の聞えぬのは有難いと思うていると上野から出て来た列車が煤煙を吐いて通って行った。
根岸庵を訪う記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
汽車がまた通って蛁蟟つくつくほうしの声を打消していった。
根岸庵を訪う記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)