“菜花”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なたね50.0%
なのはな50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
せた菜花なたねの咲いているところがあったり、赭土あかつちの多い禿山はげやまの蔭に、瀬戸物を焼いているかまどの煙が、ほのぼのと立昇っていたりした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ただ一叢ひとむらの黄なる菜花なのはなに、白い蝶が面白そうに飛んで居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)