菜花なたね)” の例文
せた菜花なたねの咲いているところがあったり、赭土あかつちの多い禿山はげやまの蔭に、瀬戸物を焼いているかまどの煙が、ほのぼのと立昇っていたりした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)