“翻身”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほんしん66.7%
へんしん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“翻身”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 各宗7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただ翻身ほんしん一回、この智、この徳を捨てた所に、新な智を得、新な徳をそなえ、新な生命に入ることができるのである。
愚禿親鸞 (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)
で、い走ってくる槍、横からいてかかる槍のを、翻身ほんしんちょうのごとくかわしながら、白りんどうの花をけった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)