“縺毛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もつれげ75.0%
ほつれげ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縺毛一条もない黒髪は、取っていたかと思うばかり、ぎすな、透通るような頬を包んで、正面に顔を合せた、襟はさぞ、雪なす咽喉が細かった。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼女の涼しい目は眠られないふた晩に醜くがり、かわいいの宿った豊頬はげっそりとせて、耳の上から崩れ落ちたひと握りの縺毛が、その頬骨にはらりとかかっていた。
五階の窓:04 合作の四 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
年よりは地味造りで縺毛一筋ない、つやつやした髷に結って、薄紫の地に銀糸の縫をした半襟、葡萄の肌を思わせるようなすべすべした金紗の羽織、帯や着物などしい事は私に分らないけれども
愛の為めに (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)