“ほつれげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
縺毛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年よりは地味造りで縺毛一筋ない、つやつやした髷に結って、薄紫の地に銀糸の縫をした半襟、葡萄の肌を思わせるようなすべすべした金紗の羽織、帯や着物などしい事は私に分らないけれども
愛の為めに (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)