“総郷上”の読み方と例文
読み方割合
そうごうあが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七月か、八月初か、麦も仕舞い、草も一先ず取りしもうたよい頃を見はからって、月番から総郷上り正月のふれを出す。総郷業を休み足を洗うて上るの意である。期は三日。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)