“經藏”の読み方と例文
新字:経蔵
読み方割合
きやうざう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いや、本所は石原の利助親分の繩張り内だ、大急ぎで家へ歸つて、何處までもお品さんが思ひ付いた事にして、原庭の大法寺=あの無住になつて居る荒寺=の經藏に手を
なる若人は、もののちし經藏
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
經藏螺鈿をとり
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)