“絹子”の読み方と例文
読み方割合
きぬこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐野源七に絹子という娘がいて、吾八より四つ年下だったが、屋敷うちの誰よりも吾八になつき、朝も晩も彼でなくてはすまぬほど親しみ馴れていた。
麦藁帽子 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
従兄弟同志だから似ているんだろう。郁子さんと、そら、あの絹子さんとだってく似ているぜ」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「劉夫人と仰有らないで……。いじわるサン。絹子と、なぜ呼んでくださらないの!」
人造人間殺害事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)