“絶鳴”の読み方と例文
読み方割合
ぜつめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きれた! ギャーッという絶鳴をあげたは、猛然とを一はたきさせて、地上をはなれたかと見るまに、一陣の山嵐をおこした翼のあおりをくって
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大きなつばさで海面をたたいたかと思うまに、ギャーッと一声、すごい絶鳴をあげて、猛然と高く飛び上がった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
口アングリいて見ていることややしばし、たちまち、鼓膜をつんざくような大鷲絶鳴とともに、大蛇に巻きしめられていたがバサッとひろがったせつな、あたりいちめん
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)