“経筒”の読み方と例文
読み方割合
きょうづつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かなりに古くなっている竹は経筒ぐらいの太さで、一方の口には唐銅の蓋が厳重にはめ込んであった。
半七捕物帳:33 旅絵師 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ちょうどお経筒の形にり抜いてあります底の方に、古い唐紙に包んだ灰があるにはありますが、その灰包みのまん中は、チャント巻物の軸の形にんでおります。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
法輪寺の門前から経筒が出たとか。中には天狗の爪が出たの、人魚の骨が出たのというのもあった。
丹那山の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)