“紺縞”の読み方と例文
読み方割合
こんじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曉寅刻に皆門口へ來て親方御支度はかと大聲に云ば水田屋の家内は立出是は御苦勞々々々今旦那は御出なさると云中藤八出來りしが先其打扮紺縞の上田の紺紬盲縞の羽織納戸の半合羽を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)