“紺竪縞”の読み方と例文
読み方割合
こんたてじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兄は息が切れるやうにいだ。眼を伏せて、なるべく見ないやうにして、着物を弟に着せようとした。弟は肩ではねのけた。幾度か少青年の白磁色の身体が紺竪縞の大島の着物に覆はれてはけ出た。
過去世 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)