“紺献上”の読み方と例文
読み方割合
こんけんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……というのは、めずらしくその日、荒い縞の、いかにも女形らしいお召の着附に、意気な、幅のやゝ狭い紺献上の帯をかれはしめていた……
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
客は五十五、六だろう、結城紬の袷に羽折紺献上の博多の帯をしめて、白しの革の緒をすげた麻裏をはいていた。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
黒八の襟がだらしなくはだけて、紺献上の帯がほどけたなり、だらりと後へぶら下がっているのを見ても、余程、酔っているらしい。踊は勿論、出たらめである。
ひょっとこ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)