“献上品”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんじょうひん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“献上品”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
将軍家の献上品けんじょうひんや佐賀城のお道具だけを焼くお止窯とめがまだ。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ただ朝廷ちょうていへのみつぎもの、または領主への年々の献上品けんじょうひんだけが、上布じょうふといって、精巧な布でなければならなかったのだが、その分量はぜんたいの上からいうと知れたもので
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)