“細金”の読み方と例文
読み方割合
ほそがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
極彩色、生け彩色、俗にいう桐油彩色など。その彩色に属するもので、細金というのがある。これは細金で模様を置くのである。くとはいえない。
こういって師匠はその中で特に精巧に刻まれてある細金の一体を取り上げ
私の見附け出した観音様の中には、細金の精巧なものがある。これは京都仏師七条左京の作。または天狗長兵衛と綽名のある名工の手のんだ作がある。それから羅漢仏師松雲元慶禅師の作がある。