“細渓川”の読み方と例文
読み方割合
ほそたにかわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは大海原の波の上に、あるいは細渓川の流れのに、つきぬ睦語かたり明かし、東雲の空に驚きては天に帰りぬ。
(新字新仮名) / 国木田独歩(著)