“細川藤孝”の読み方と例文
読み方割合
ほそかわふじたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泉州ノ森の本願寺一門、伊賀上野の筒井順慶、山陰の細川藤孝、その子忠興などの親族から、近畿のこれと思う有力者には、飛檄した。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
光秀と細川藤孝、その子忠興との関係は密接である。藤孝と光秀とは、多年、莫逆の友たるのみならず、光秀のむすめの伽羅沙は、忠興の妻でもある。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「では。お耳に入れるが、実は、この身には、将軍家義昭公の親書と、室町家の名族、細川藤孝どのの書面とを帯びております。——いずれも、信長様へお宛てなされたものです」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)