“細川越中守”の読み方と例文
読み方割合
ほそかわえっちゅうのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肥後熊本細川越中守の藩中は、天草とはただ一脈の海水を隔つるばかりであるから、賊徒蜂起の飛報に接して、一藩はたちまち強い緊張に囚われた。
恩を返す話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
これは島津修理太夫をはじめ、毛利長門守細川越中守浅野安芸守松平大蔵大輔春嶽)、それに山内容堂などの朝廷守護の藩主らが連署しての建議にもとづき
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
此の相撲場は細川越中守様御免の相撲場ということで、木村權六という人が只今て住んで居ります、縮緬幕張りを致して、田舎相撲でも立派な者で近郷からも随分見物が参ります
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)