“細工賃”の読み方と例文
読み方割合
さいくちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もその細工立派なのにいてゐますと、そこへわるく玉職人親方がやつてて、千日あまりも骨折つてつたのに、まだ細工賃さるといふ御沙汰がないと
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)