“紅雲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こううん66.7%
あけぐも33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紅雲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ところが、夜が明けて、東に紅雲こううんのたなびき始めたこくごろ。望楼にいた兵が、
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは、人穴ひとあな残党ざんとうを一きょ蹴散けちらして、主将呂宋兵衛るそんべえを生けどり、多宝塔たほうとうの三じゅうふうじこめた伊那丸いなまる軍兵ぐんぴょうが、あかつきの陣ぞろいに富岳ふがく紅雲こううんをのぞんで、三軍おもわず声をあわせてあげた凱歌がいかであろう。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八重雲の豊の紅雲あけぐもこのあした女男の神嶽巻き立ちあがる
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)