“粟々”の読み方と例文
読み方割合
ぞく/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ば包ての下へ入しは百兩ほどなり強慾の大膳は此體を見るより粟々と喜びらも女の身としてる大金を所持し一人旅行するは心得がたしと宿の下女をに樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)