“粒子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りゅうし66.7%
つぶ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このあたりは粒子かい土埃りの道でなければ、や水草の多い沼地であった。わだちもも没してしまう。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これを、わたしは遠藤粒子と名づけました。仮死粒子といってもいいのです。
電人M (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「アノ泥水——土の粒子を飽和した水……だと言うのかネ」
科学者と夜店商人 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)