“空舟”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うつろぶね33.3%
からふね33.3%
からぶね33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“空舟”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見よ、空舟うつろぶねりて、殘る船板ふないたをアポロオンにり刻みし未開人の如く、
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
急灘きゅうなんを落ち尽すとむこうから空舟からふねのぼってくる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
下司げすの智慧は後からで、それならなぜ、人も乗っていない空舟からぶねをお手前、あわてて、追い駈けて行ったんだ」
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)