“白耳義人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ベルヂックじん66.7%
ベルギーじん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白耳義人”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史14.3%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかして余は今自己の何たるかを反省すれば、余はヴェルハアレンの如く白耳義人ベルヂックじんにあらずして日本人なりき。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
しかして余は今自己の何たるかを反省すれば、余はヴェルハアレンの如く白耳義人ベルヂックじんにあらずして日本人なりき。
浮世絵の鑑賞 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
わたくし三々五々さん/\ごゞむれをなして、其處此處そここゝつてる、顏色いろ際立きはだつてしろ白耳義人ベルギーじん