“白皙人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はくせきじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白皙人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かれは白皙人はくせきじんも黄色人も黒人も、人間はすべて同一の自由と権利けんりをもち、おたがいにそれを尊敬そんけいせねばならぬと信じている。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
髪の毛があかひとみ白皙人はくせきじんのように鳶色とびいろで、鼻も口元も彫刻のようにくっきりした深い線に刻まれていたが、大分浸潤があるので、医者の勧めで親元へかえしたこともあり
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)