“玉姫”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たまひめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“玉姫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
右手の玉姫たまひめ神社の方角が東にあたっているのだろう。はや白じらとした暁のいろが森のむこうにわき動いていた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
順承はむすめ玉姫たまひめを愛して、これに壻を取って家を護ろうとしていると、津軽家下屋敷の一つなる本所大川端おおかわばた邸が細川邸と隣接しているために、斉護と親しくなり、遂に寛五郎を養子にもらい受けようとするに至った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)