“猜忌邪曲”の読み方と例文
読み方割合
そねみひがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がいよいよ取りかかる日には何人うそのに汝が手下の者も交じろう、必ず猜忌邪曲など起さぬようにそれらには汝からよく云い含めてやるがよいとの細かいお
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
十兵衞が手には職人もあるまい、彼がいよ/\取掛る日には何人も傭ふ其中に汝が手下の者も交らう、必ず猜忌邪曲など起さぬやうに其等には汝から能く云ひ含めて遣るがよいとの細い御諭し
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)